ホテルでの珍体験

ホテルでの珍体験

大分前の話になりますが

ホテルでの珍体験
大分前の話になりますが、関西の田舎にある、ちょっと古風な感じのホテルに友人と泊まった時の話です。
当時は冬だったので寒かった記憶があります。入浴を済ませて歯も磨き、そろそろ寝ようかと思った時、どこからか「とんとん」という感じの音が聞こえました。

友人に、音がしなかったかどうかきいたのですが、そんな音は聞こえなかったと言っていました。
多分、電気ストーブの内部の機械の音なんじゃないのかという結論に至り、ストーブを消してその日はそのまま休みました。

しかし、夜中の2時くらいに、また「とんとん」という音が聞こえてきました。
電気ストーブは消してあるので、その音じゃありません。一体なんの音だろうと耳をすませたら、隣の部屋からの音でした。
音はすぐ止んだので、そのまま就寝しました。

次の日、ホテルの部屋から出たとき、丁度、隣の部屋の客も出てきたのですが、その時、ふと気付きました。
「音がしていた部屋とは違うな。隣でも反対側の部屋の宿泊客だ。」と。気になったので、フロントで確かめたところ、音がしていたと思われる隣の部屋は、空き部屋だったそうです。
空き部屋から音?少し考えたあと、ハッとして自分の部屋に戻りました。
そして、部屋に飾ってあった和風の絵を外してみました。
案の定、お札が貼ってありました。
音がしていたのは、隣の部屋じゃなく、自分たちが泊まっていたこの部屋そのものだったのでしょうね。全く音に気付いていなかった友人がうらやましいと思いました。

おすすめ情報