ホテルでの珍体験

ホテルでの珍体験

友達とフランスに旅行に行った時のことです

ホテルでの珍体験
友達とフランスに旅行に行った時のことです。
あえて安上がりな旅行にしようと、バックパック一つで南仏へ。ホテルは事前予約せず、直接現地の安そうなホテルを手当り次第に回って、空き部屋を捜しては泊まっていました。

ある日、ニースのホテルで部屋が空いているか聞いたところ、狭い部屋なら空いていると言われ、とりあえず中を見せてとお願いしました。
一応、大学ではフランス語学科に所属していたので、フランス語で尋ねたのですが、フロントの人は怪訝な顔をした後、一度奥に引っ込み、水を入れたコップを持って戻って来ました。
部屋を見せて欲しいのに、なぜ水を差し出されたのか分からず、友達と二人で戸惑いましたが、もう一度部屋を見せてとお願いしました。

するとフロントの人が「そういうことね!」とようやく合点がいった様子。後で気付いたのですが、フランス語で見ると飲むは「ボワール」という似た発音で、私達の発音が悪かったため、水が出てきたのでした。
友達と二人で大爆笑。そこのホテルには勿論泊めてもらいました。